卵のお話

 
 濃いオレンジ色の黄身は、栄養価が高い?!


 私達が使っている、
石狩、平飼い卵「イコロラン」は、
卵を割ってみると、黄身がレモン色をしています。

それはここで使っている餌が、
オカラ、くず小麦、そば粉、うどん、ラーメン、
野菜くず、大豆などが主体となって与えているので、
自然とこのような黄身の色になってきます。

一般的に広く出回っているたまごの黄身は、
かなりオレンジ色や赤に近い色をしていますが、
これは餌の中に赤くする色素を混ぜて
着色されているからです。

そのこと自体が栄養とは関係ありません!

レモン色の卵は、色が薄いように感じられますが、
むしろありのままの「黄身」の姿といえるでしょう。


先日、卵をもらいにうかがった際、
「卵みがき」を教えてもらいました。

愛くるしいタロウくんを横目に・・・・。
moblog_566abab9.jpg

洗卵はせず、軽くたわしでみがき落とし、
落ちづらい汚れは、少し湿らせた布で軽く拭きます。
磨き上げた卵は、トントンと強めにたたき、
その音で、割れていないか、ひびが入っていないかを判断し、
選別していきます。

ひとつひとつ手作業で丁寧に磨き上げられる卵は、
手のひらにちょこんと収まり、愛着も感じられます。


 卵は、
簡単に手に入れられて、
手軽に食べられる栄養価の高い食材です。
毎日2個摂取しても、
脂肪やコレステロール値には影響を及ぼさない。
という臨床結果もでています。



 ゆで卵好きな坂東英二さんは、「お肌がツルツル!」
なーんて思ったことはありませんか??

それは、美肌をつくる抗酸化成分、
肌や筋肉のもととなるたんぱく質、
髪や爪をつくるビタミン、ミネラルが
豊富に含まれているからではないでしょうか。


さぁ、皆さん。

今日から「卵」を食べましょう。(^-^)




コメントの投稿

非公開コメント

Bistrot poele(ビストロ ポワル)
住所
札幌市中央区南4条西3丁目
第2グリーンビル2F(地図

電話 011-530-0311

営業時間
18:00~24:00(L.O.23:00)

定休日
日曜

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
最新記事
カウント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR